一般社団法人ねっとワーキング

家事ラボ

d09745895beeca59872350efc058a7c8_s

家事ラボ

家事はたくさんの道具と多くの情報の整理、作業手順や動線を効率的に処理しながら行われる、とても高度な仕事です。
日々さまざまな家事をこなすには、「優先順位」と「段取り」を考えながら計画的にすすめなければなりません。
多くの人々は、これまでの経験値からの「手慣れ感」で、毎日生じる必要な仕事を無意識に組み立てていきます。
また多くの作業を含む家事にはどんな人にも、料理が得意でも掃除が苦手など、得手不得手があります。

そえが、 発達障がいなどの障がい特性のある人が行うということの困難さを考えたらどうなるでしょう。
いろいろな「苦手」が顕著にある場合、家事が上手くこなせず、生活に支障を来すことは珍しくありません。

発達障がい特性に比較的多くみられる、「優先順位が立てにくい」「物事の段取りが苦手」
また、「細かなことを器用にこなせない」といったことなど。
人それぞれの特性にある苦手を把握したり、みんなが苦手に陥りやすい家事の課題を解決する試みを始めます。

ねっとワーキングでは、自身の子供との日々の暮らしで課題を感じ、工夫を重ねている養育者と、
栄養士・パン教室主催者・自閉症スぺクトラム支援士・障害者の職場適応の為のジョブコーチなど、
趣味や仕事で専門的技能を持つ養育者が、その手法を活かし、さまざまな場面での課題に取り組んでいきます。
まずは、みなさまやその周辺の方の家事でのお困りごとをお寄せ下さい。